ノベルティの企画で知っておきたいこと

ノベルティの企画で知っておきたいこと ノベルティで承知しておかなければならないのは企画する際の基本的な知識と姿勢です。
というのも、どうしても金額面での制約もあったり、話題性が欲しいということもあり、そうした視点で品物を決めようとすると、流行りものとか、そのときに注目されているということだけに集中しがちになるからです。
ノベルティは、販売を促進する小道具であったり、記念の印として用意するものですが、最も大事なことは、販売促進の場合であれば対象となる商品やサービスであり、記念であればその記念の意味ということになります。
その点を企画の段階できちんと位置付けることが肝心であり、それを軸として、流行っているものを取り入れるとか、話題性があるものにするという順序なのです。
逆にすると、本末転倒ということになりかねません。
つまり、商品やサービスあるいは記念のコンセプトを明確にして、それを貫くことでノベルティも用意しなければならないということが異本的な知識であり姿勢となります。
場合によれば、カラーやネーミング、包装紙、配り方、必要あれば、数量限定ということで希少性を出すということもあります。
たかがノベルティですが、されどと考えなければならないのです。
そこには、経営戦略の一環としてのマーケティング戦略が秘められているというくらいに重要だと腹に据える必要があるのです。

ノベルティの企画に向いている人とは

ノベルティの企画に向いている人とは 商品を購入する時に付属でついてくるちょっとしたノベルティ、実際貰ってみると全然必要なくて最終的に捨ててしまったり、そのあたりに放置していつのまにかなくなってしまっていたりすることが多いです。
誰もが喜んでくれるノベルティとはどういったものなのでしょうか。
このようなノベルティの企画に向いている人は実直で真面目な性格の人ではありません。
まじめな人だとどうしてもよく見かけるような単純なものを作ってしまいがちなのでできればいろいろなところに着目している人が望ましいです。
もちろん、個々の分野に特化した人でも悪くはないですが、その分野のものしか作れないようだと幅広い層に支持される商品を作ることは難しいです。
ですので、先のことを考えると多趣味でさまざまなところに首を突っ込んでいる人が一番望ましいといえるでしょう。
また、もう一つ一番大事なところがあります。
それは普段から周りの人に対してきちんと気遣いができる人なのかどうかです。
気遣いがうまい人は周りの人がしてもらいたいことをきちんと自分の中で消化して実行することができます。
このような考え方は商品の需要を考える上でかなり重要な考え方です。
いい企画を作るためにも留意しておく必要があります。

ノベルティ情報サイト

小ロットや短納期での注文等も柔軟に対応しています。

ノベルティを小ロットでも受付